フィリピン版ゴーヤチャンプルー Ginisang Ampalaya ギニサン・アンパラヤ

夏と言えばフィリピン料理!というわけで

今日のお昼に妻が作ったおかずはギニサン・アンパラヤ

フィリピン版ゴーヤチャンプルーです(゚∀゚)

ギニサンアンパラヤ

沖縄料理のゴーヤ(ニガウリ)の炒め物ゴーヤチャンプルーはもうすっかりお馴染みですけど

フィリピンバージョンのゴーヤの炒め物の特徴はニンニクとトマトが入るんです!

ギニサンアンパラヤ材料

フィリピン料理はスペイン料理の影響を受けたもの

中華料理の影響を受けたもの、それからアメリカ文化の影響と

植民地支配、交易の歴史から様々な文化からの影響を受けたものが混在しています

フィリピン名物ハロハロは日本のかき氷が起源となっている…

なんて説もありますが、本当の所はよくわからないみたい(゚∀゚)

日本・フィリピン両国の料理を楽しみながら

アジアの歴史についてあれこれと考えるのも国際結婚ならではの光景かな?

日本の料理や食材でも実は江戸時代や明治期に海外から入ってきたものがあったりして

食べ物って本当に不思議ですね(゚∀゚)

コメント

  1. ミミ子 より:

    世界各国家庭料理好きでお料理好きなので