【タガログ語入門】「がんばって!」は「パグブティヒンモ(Pagbutihin mo)」

広告

sticker_2110701

フィリピンのタガログ語で「がんばって!」は「パグブティヒンモ(Pagbutihin mo)」です。日本では「がんばってね!」は普段からよく言う言葉なのですが…

広告

フィリピン人は頑張らない?

たとえば「勉強がんばってね」は「パグブティヒンモ アンパグ アアラル(Pagbutihin mo ang pag aaral)」という言い方をします。

ただしフィリピンの「パグブティヒンモ(Pagbutihin mo)」は例えば試験前やスポーツの試合前など特別な時に使う言葉のようです。

日本では日常的に「お仕事がんばってね」という言い方をしまが、フィリピンでは普段の会話でそういう言い方をすることはないようです。

無理して頑張るのはフィリピン人の性格には合わないのかもしれませんね。

運営者:前田ムサシ
ムサシ【運営者:前田ムサシ 静岡県富士市在住。フィリピン人の妻と3人の子供たちとの5人家族。趣味は特にないんですけど…落語研究とか3Dモデリングとかイラストを描くとか。こう見えても漫画家ですよ。→フィリピンかあちゃん奮闘記inジャパン