ご訪問ありがとうございます。マンガ家・スタンプクリエイターの前田ムサシのブログです。


●前田ムサシのLINEスタンプ販売中→前田ムサシのスタンプ

●「有名スタンプ取り放題」にてスタンプ配信開始!
【docomo】https://bit.ly/2WMUW6l
【au】https://bit.ly/3eSoVQD
【SoftBank】App Passアプリを起動して「有名スタンプ取り放題」で検索

●前田ムサシのコミックエッセイ
爆笑! コミックエッセイ フィリピン妻4コマ日記
フィリピンかあちゃん奮闘記inジャパン (本当にあった笑える話)

台湾で子育てする日本人父親の話(まんが)
2019 Taiwan Fellowship
The educational views of marriage migrants in Taiwan: The life stories of Japanese fathers
(台湾への結婚移民の教育観:日本人父親のライフストーリーから)

●漫画・スタンプ・イラスト制作等のお問い合わせは問い合わせページからお願いします。

動くLINEスタンプ「黒ネコのダンゴ」3Dだけどあえて平面的に作る理由

2016-08-16

新作のLINEスタンプ「黒ネコのダンゴ」を制作中。

これまでに作った動くスタンプと同じく3Dキャラクターを使った作品です。ただし今までとは制作の方法を少し変えました。

3Dだけどあえて平面的に作る!

3Dの特色といえばもちろん「立体」なわけですが、今回はあえて平面的に作りました。ただし完全な平面ではなく粘土をギュッとつぶしたような感じです。

 

名づけて「平面的3D」(今思いついた!)。

 

平面的3Dという手法を採用した理由はおもに3つ。

①正面から見た時にキャラクターが見やすい

②モーフによる表情がつけやすい

③モーションをシンプルに構成できる

 

LINEスタンプの場合は画像が小さいので細かいキャラや凝った動きは見にくくなり逆効果なのです。

スマホ画面での見やすさを第一に考えて平面的3Dでシンプルな仕上がりを目指しました。もちろんいろいろと作業が楽になることも平面的3Dの有利な点です。

2016-08-19 (1)

MMDでモーションをつけている画面。横から見るとペラペラで変な感じです。

2016-08-19 (2)

特に顔部分はZ軸をそろえた完全な平面です。

本格的に3Dでモーフを作るとかなり手間がかかるのですが平面仕上げで楽々でした。

2016-08-19 (3)

最終的なアニメーションはCLIP STUDIO ACTIONで仕上げます。正面ポーズのメリハリが効いていてなかなか良い感じ。

2016-08-19 (4)

なかなか楽しそうな作品が出来上がったと自画自賛の「黒ネコのダンゴ」。ただいま登録を前にして最後のチェック中です。  

【まとめ】試行錯誤こそが次の作品を生み出すのだ!

LINEスタンプを作るのって本当に難しくて試行錯誤の連続ですね。

LINEスタンプに限らないんだけど、やっぱり試行錯誤こそが次の作品を生み出していくんだなってつくづく感じます。

ただ頭の中だけでアイデアを練るよりも、手を動かすことで初めて次のアイデアがわいてきます。

新しいアイデアや手法が見つかった時って本当に快感…だから作品づくりってやめられないんですよね~。


ご訪問ありがとうございます。マンガ家・イラストレーターの前田ムサシです。漫画・イラスト制作のお仕事のお問い合わせは問い合わせページからお願いします(^^♪