ご訪問ありがとうございます。マンガ家・スタンプクリエイターの前田ムサシのブログです。


●前田ムサシのLINEスタンプ販売中→前田ムサシのスタンプ

●「有名スタンプ取り放題」にてスタンプ配信開始!
【docomo】https://bit.ly/2WMUW6l
【au】https://bit.ly/3eSoVQD
【SoftBank】App Passアプリを起動して「有名スタンプ取り放題」で検索

●前田ムサシのコミックエッセイ
爆笑! コミックエッセイ フィリピン妻4コマ日記
フィリピンかあちゃん奮闘記inジャパン (本当にあった笑える話)

台湾で子育てする日本人父親の話(まんが)
2019 Taiwan Fellowship
The educational views of marriage migrants in Taiwan: The life stories of Japanese fathers
(台湾への結婚移民の教育観:日本人父親のライフストーリーから)

●漫画・スタンプ・イラスト制作等のお問い合わせは問い合わせページからお願いします。

動くスタンプでリジェクト発生。「世界の異なる文化・習慣の観点」とは?

リジェクト

先日申請した新作LINEスタンプ「ぷにぷに動く双子うさぎ」についてリジェクトのメッセージが届きました。

LINEアニメーションスタンプ(動くスタンプ)を1個300KB以下の容量で制作する方法

今回のリジェクトの内容は?

今回のリジェクトの内容は以下のとおり。

お客さまに申請いただいたスタンプは、世界の異なる文化・習慣の観点より
販売国を限定していただく必要がございます。

お手数ではございますが、販売エリアにて「選択したエリアのみ」を選択し
インドネシアを削除のうえ、再度リクエストをお願いいたします。

というわけでメッセージの指示通りに販売エリアの中からインドネシアをはずして再度リクエスト。

現在「審査中」となっています。

世界の異なる文化・習慣の観点

メッセージの内容からはどのスタンプがどのように問題があるのか把握できません。

インドネシアでの販売に問題があるということでイスラム教の習慣に反するものだろうと推測されます。

しかしLINEスタンプが販売されているイスラム教の国はもちろん他にもたくさんありますので、なぜインドネシアだけだめなのかはわかりません。

 

今回のように「世界の異なる文化・習慣の観点」となると、世界中のどの国でどんなスタンプが販売不可となるか事前に予測することは難しいです。

幸いにも審査期間は短くなっていますねで、あまり気にせず作っていくしかないですね。


ご訪問ありがとうございます。マンガ家・イラストレーターの前田ムサシです。漫画・イラスト制作のお仕事のお問い合わせは問い合わせページからお願いします(^^♪