ご訪問ありがとうございます。マンガ家・スタンプクリエイターの前田ムサシのブログです。


●前田ムサシのLINEスタンプ販売中→前田ムサシのスタンプ

●「有名スタンプ取り放題」にてスタンプ配信開始!
【docomo】https://bit.ly/2WMUW6l
【au】https://bit.ly/3eSoVQD
【SoftBank】App Passアプリを起動して「有名スタンプ取り放題」で検索

●前田ムサシのコミックエッセイ
爆笑! コミックエッセイ フィリピン妻4コマ日記
フィリピンかあちゃん奮闘記inジャパン (本当にあった笑える話)

台湾で子育てする日本人父親の話(まんが)
2019 Taiwan Fellowship
The educational views of marriage migrants in Taiwan: The life stories of Japanese fathers
(台湾への結婚移民の教育観:日本人父親のライフストーリーから)

●漫画・スタンプ・イラスト制作等のお問い合わせは問い合わせページからお願いします。

ベトナム語LINEスタンプで見せたボクの今までとは違う心がけ

ただいまベトナム語LINEスタンプを制作中。現在は最終チェックをしています。ところで今回のスタンプ制作では今までとは違う心がけをしてみました。

フルスロットルで描いてみる

今回のベトナム語LINEスタンプのイラストは自分の全力で描いてみることを心がけました。

エンジン全開です。フルスロットルです。

キャラも動物メインからかわいい女の子メインに。色使いや色塗りの手法にもこだわりまくりました。

やっぱり売れるスタンプの傾向ってある?

LINEスタンプのランキング上位の作品を見ると小さなスマホ画面でも見ばえのするシンプルなキャラが多いです。売れるスタンプの傾向というものはやはりあるようです。

しかし今回は何が売れてるとかどういうイラストが好まれるとか…そんなことは考えずにとにかく自分の絵を全力で描くことを心がけました。

 

周囲に合わせすぎると…

これまでエンジン全開で描いてみたことがあるのかどうか考えてみたのですが、フルスロットルで自分の漫画を描いたことって実は今までないのです。

「締め切りに間に合わせるにはこれぐらいの絵でいけばいいかな」とか「編集者さんの注文に合わせるとこんな感じかな」とかいつもいろいろ考えながら描いてきました。

しかし周囲に合わせすぎるとどうしても踏み込みが甘くなってしまいます。自分の絵を全力で描くのって本当に難しいのです。

「ひとりよがり」は実は大切!?

LINEスタンプには注文も締め切りもありません。だったら自分の趣味で思いっきり描いてみようかなと思うようになりました。

自分の絵を全力で描いてみるとそれなりに何か光が見えてくるものです。

漫画の世界では「ひとりよがりはいけない」なんてよく言われますが、独善的な思考というものは絵を描く時には大切なモノなのですね。


ご訪問ありがとうございます。マンガ家・イラストレーターの前田ムサシです。漫画・イラスト制作のお仕事のお問い合わせは問い合わせページからお願いします(^^♪