ご訪問ありがとうございます。マンガ家・スタンプクリエイターの前田ムサシのブログです。


●前田ムサシのLINEスタンプ販売中→前田ムサシのスタンプ

●「有名スタンプ取り放題」にてスタンプ配信開始!
【docomo】https://bit.ly/2WMUW6l
【au】https://bit.ly/3eSoVQD
【SoftBank】App Passアプリを起動して「有名スタンプ取り放題」で検索

●前田ムサシのコミックエッセイ
爆笑! コミックエッセイ フィリピン妻4コマ日記
フィリピンかあちゃん奮闘記inジャパン (本当にあった笑える話)

台湾で子育てする日本人父親の話(まんが)
2019 Taiwan Fellowship
The educational views of marriage migrants in Taiwan: The life stories of Japanese fathers
(台湾への結婚移民の教育観:日本人父親のライフストーリーから)

●漫画・スタンプ・イラスト制作等のお問い合わせは問い合わせページからお願いします。

タガログ語スタンプ好調!LINEスタンプはニッチ市場を狙え!

タガログ語スタンプ好調!

やっとLINEスタンプの販売が本格化して、次に気になるのはやっぱり売り上げ。ボクが作ったスタンプの中で一番好調なのがタガログ語ウサギ君スタンプ。さっそくタガログ語スタンプ第2弾の制作を進めています。

LINEスタンプはニッチ市場を狙え!

タガログ語とはフィリピンの言葉。フィリピンといえば最近ではボクシング界の世紀の一戦を戦ったマニー・パッキャオが有名です。

しかしタガログ語はハッキリ言ってマイナーな言語。タガログ語のLINEスタンプを作ってもそんなに売れないだろうなと思っていました。

ところが販売を開始してみるとタガログ語ウサギ君スタンプがだんとつの売り上げ。

LINEスタンプの世界ではニッチ市場、つまり参入する人の少ない隙間市場を狙うのもひとつの戦略として有効ですね。

大きな金額を狙うよりも確実な売り上げ

2015年5月現在、LINEクリエイターズスタンプに登録されているスタンプ数は10万件を超えています。この中でヒットスタンプを狙うのはハッキリ言ってとても難しいのです。

しかしニッチ市場なら大きな金額にならずとも確実な売り上げをあげていくことが可能です。

 

好きな分野で楽しんで作る!

というわけでタガログ語スタンプ第2弾としてひらがなタガログ語スタンプを作っています。

ただボクの場合は単にフィリピンという国とフィリピンの文化が好きなので楽しんで作っているという部分が大きいです。

好きな分野で楽しんで作ることがLINEスタンプ作りの極意なのかもしれませんね。


ご訪問ありがとうございます。マンガ家・イラストレーターの前田ムサシです。漫画・イラスト制作のお仕事のお問い合わせは問い合わせページからお願いします(^^♪