ご訪問ありがとうございます。マンガ家・スタンプクリエイターの前田ムサシのブログです。


●前田ムサシのLINEスタンプ販売中→前田ムサシのスタンプ

●「有名スタンプ取り放題」にてスタンプ配信開始!
【docomo】https://bit.ly/2WMUW6l
【au】https://bit.ly/3eSoVQD
【SoftBank】App Passアプリを起動して「有名スタンプ取り放題」で検索

●前田ムサシのコミックエッセイ
爆笑! コミックエッセイ フィリピン妻4コマ日記
フィリピンかあちゃん奮闘記inジャパン (本当にあった笑える話)

台湾で子育てする日本人父親の話(まんが)
2019 Taiwan Fellowship
The educational views of marriage migrants in Taiwan: The life stories of Japanese fathers
(台湾への結婚移民の教育観:日本人父親のライフストーリーから)

●漫画・スタンプ・イラスト制作等のお問い合わせは問い合わせページからお願いします。

フィリピンママのセールス電話対処法は…

2014年4月18日

01奥様日本語に慣れているとはいえ、やっぱりママは電話が苦手ですね。

フィリピンだと電話に出るときは「ハロー」でだけで済むのですが

日本だと「はい、もしもし、○○です」と答えるのが慣例。

もし学校からの連絡なんかだったらどうしよう…と

緊張しながら電話に出るわけで、それがセールスだとわかると

「なーんだ!」というわけでこのような対応になるわけです。

セールスの方も「オクサマハ、イラッシャイマセン!」なんて

ちょっと片言の日本語で言われるとそれ以上は突っ込んでこないみたいです。

 

ちなみにフィリピンの家庭ではメイドさんを雇うのは珍しいことではなく

日本人から見ると「メイド雇う余裕なんてあるの?」という家でも

洗濯・掃除・アイロンがけのために人を雇っていたりします。

フィリピンに限らず欧米スタイルの暮らしではメイドさんを雇うのは普通のことみたい。

日本の主婦から見ると夢のような世界…と思いきや

やっぱり日本人だと家庭に他人を入れるのは抵抗のある人も多いみたいです。


ご訪問ありがとうございます。マンガ家・イラストレーターの前田ムサシです。漫画・イラスト制作のお仕事のお問い合わせは問い合わせページからお願いします(^^♪