ご訪問ありがとうございます。マンガ家・スタンプクリエイターの前田ムサシのブログです。


●前田ムサシのLINEスタンプ販売中→前田ムサシのスタンプ

●「有名スタンプ取り放題」にてスタンプ配信開始!
【docomo】https://bit.ly/2WMUW6l
【au】https://bit.ly/3eSoVQD
【SoftBank】App Passアプリを起動して「有名スタンプ取り放題」で検索

●前田ムサシのコミックエッセイ
爆笑! コミックエッセイ フィリピン妻4コマ日記
フィリピンかあちゃん奮闘記inジャパン (本当にあった笑える話)

台湾で子育てする日本人父親の話(まんが)
2019 Taiwan Fellowship
The educational views of marriage migrants in Taiwan: The life stories of Japanese fathers
(台湾への結婚移民の教育観:日本人父親のライフストーリーから)

●漫画・スタンプ・イラスト制作等のお問い合わせは問い合わせページからお願いします。

ボクの締め切り病

2014年4月18日

締め切り病

漫画家と言えば「締め切り」という言葉を思い浮かべる方も多いかもしれません。

締め切りというのはなんだか漫画の仕事を象徴するような言葉になっています。

しかしどんな仕事にも納期というものはあるわけで

漫画の仕事だけが特別納期に厳しいというわけではないと思います。

それでもやっぱり「漫画=締め切り」というイメージが消えないのは

漫画の絵やアイデアというものは決まったペースで出てくるわけではないからだと思います。

漫画を描くというのはやっぱり特殊な作業なのです。

締め切りが近づくと緊張感からか体調を崩すことが昔からよくあります。

いわゆる自律神経系の不調です。

ボクの代表的な不調としましては、頭痛、背中の痛み、腰痛、痔、などなどあるのですが

特になってしまうと厳しいのが口内炎です。

その中でも今回発生してしまったのがもっとも厳しい舌炎…つまり舌に口内炎ができてしまいました。

こんなとき、ふと週刊誌の作家の方々を無条件に尊敬してしまうのです。

週刊誌の締め切りを毎週こなしている作家の方々は本当にすごいです。

毎週20ページの漫画をアップしていくというのはまさに神業。

今風に言うなら「神キター!」です。

週刊誌で連載している漫画家の方たちは

間違いなく人類の歴史上「最速!最多!」で絵を描いている方々なのです。

しかもこの業界は淘汰の世界であり、新人もベテランも関係ありません。

そのクオリティに妥協は許されないのです。

週間誌の修羅場を想像していたらますます舌が痛くなってきてしまいました。。。(おしまい)


ご訪問ありがとうございます。マンガ家・イラストレーターの前田ムサシです。漫画・イラスト制作のお仕事のお問い合わせは問い合わせページからお願いします(^^♪