ご訪問ありがとうございます。マンガ家・スタンプクリエイターの前田ムサシのブログです。


●前田ムサシのLINEスタンプ販売中→前田ムサシのスタンプ

●「有名スタンプ取り放題」にてスタンプ配信開始!
【docomo】https://bit.ly/2WMUW6l
【au】https://bit.ly/3eSoVQD
【SoftBank】App Passアプリを起動して「有名スタンプ取り放題」で検索

●前田ムサシのコミックエッセイ
爆笑! コミックエッセイ フィリピン妻4コマ日記
フィリピンかあちゃん奮闘記inジャパン (本当にあった笑える話)

台湾で子育てする日本人父親の話(まんが)
2019 Taiwan Fellowship
The educational views of marriage migrants in Taiwan: The life stories of Japanese fathers
(台湾への結婚移民の教育観:日本人父親のライフストーリーから)

●漫画・スタンプ・イラスト制作等のお問い合わせは問い合わせページからお願いします。

ジャーニーのボーカル「アーネル・ピネダ」の入国審査でのエピソードがすごい!

2014年7月18日

アーネル・ピネダ入国審査

YouTube動画をきっかけにジャーニーのボーカルに!

YouTube動画をきっかけにしたシンデレラストーリーがフィリピンから続出しています。シャリース・ペンペンコゼンディーローズの二人が有名ですがアメリカの有名バンド「ジャーニー」のボーカル「アーネル・ピネダ」も忘れてはなりません。

フィリピン人シンガー「アーネル・ピネダ」のシンデレラストーリー

新ボーカルを探していたジャーニーのメンバーの目に止まったのがYouTube動画で歌うフィリピン人歌手のアーネル・ピネダの歌声。すぐにフィリピンのアーネルのもとへオーディション参加要請の電話をしたのです。

ジャーニーのメンバーから突然の電話をもらい戸惑いながらもアメリカへ向かったアーネル・ピネダ。ところが入国審査で「ジャーニーのボーカルオーディションを受けに来た」と係官に言ったものの信用してもらえない。

係官から「本当ならちょっと歌ってみろ」と言われアーネルがジャーニーの曲を歌ったところ入国審査がOKになったという嘘みたいな本当の話。まさにテレビ番組「奇跡体験!アンビリバボー」の再現ドラマに出てきそうなエピソードです。

Don’t Stop Believin’

ここからアーネルをボーカルに迎えた新生ジャーニーの伝説が始まるのです。夢を実現させた人の話にはなぜかこういう不思議なエピソードがありますね。さすがはチャンスの国アメリカです。かっこいいなあ。

関連記事:【アーネル・ピネダ物語】YouTubeから生まれたフィリピン人歌手のシンデレラストーリー


ご訪問ありがとうございます。マンガ家・イラストレーターの前田ムサシです。漫画・イラスト制作のお仕事のお問い合わせは問い合わせページからお願いします(^^♪