●ご訪問ありがとうございます。単行本2冊の微妙な漫画家…管理人のムサシです。これは夢を追うすべての人のためのブログ。一緒に夢をかなえよー!
●漫画・スタンプ・イラスト等の制作を承っております。価格は応相談。お問い合わせは問い合わせページからお願いします。
●前田ムサシのLINEスタンプ販売中→前田ムサシのスタンプ

ジャーニーのボーカル「アーネル・ピネダ」の入国審査でのエピソードがすごい!

2014年7月18日

アーネル・ピネダ入国審査

YouTube動画をきっかけにジャーニーのボーカルに!

YouTube動画をきっかけにしたシンデレラストーリーがフィリピンから続出しています。シャリース・ペンペンコゼンディーローズの二人が有名ですがアメリカの有名バンド「ジャーニー」のボーカル「アーネル・ピネダ」も忘れてはなりません。

フィリピン人シンガー「アーネル・ピネダ」のシンデレラストーリー

新ボーカルを探していたジャーニーのメンバーの目に止まったのがYouTube動画で歌うフィリピン人歌手のアーネル・ピネダの歌声。すぐにフィリピンのアーネルのもとへオーディション参加要請の電話をしたのです。

ジャーニーのメンバーから突然の電話をもらい戸惑いながらもアメリカへ向かったアーネル・ピネダ。ところが入国審査で「ジャーニーのボーカルオーディションを受けに来た」と係官に言ったものの信用してもらえない。

係官から「本当ならちょっと歌ってみろ」と言われアーネルがジャーニーの曲を歌ったところ入国審査がOKになったという嘘みたいな本当の話。まさにテレビ番組「奇跡体験!アンビリバボー」の再現ドラマに出てきそうなエピソードです。

Don’t Stop Believin’

ここからアーネルをボーカルに迎えた新生ジャーニーの伝説が始まるのです。夢を実現させた人の話にはなぜかこういう不思議なエピソードがありますね。さすがはチャンスの国アメリカです。かっこいいなあ。

関連記事:【アーネル・ピネダ物語】YouTubeから生まれたフィリピン人歌手のシンデレラストーリー


ご訪問ありがとうございます。マンガ家・スタンプクリエイターの前田ムサシです。漫画・イラスト制作のお仕事のお問い合わせは問い合わせページからお願いします。