【アーネル・ピネダ物語】YouTubeから生まれたフィリピン人歌手のシンデレラストーリー

フィリピン人歌手のアーネル・ピネダのシンデレラストーリー

YouTube動画で歌う姿がきっかけとなりアメリカのロックバンド「ジャーニー」のボーカルに抜擢されたフィリピン人歌手のアーネル・ピネダさん。YouTube動画といえばゼンディ・ローズ・テネレフェさんが有名ですが、実はアーネル・ピネダさんのエピソードはすでに世界的に有名です。

アメリカの超人気番組「オプラ」でも特集

アメリカの超人気番組「オプラ」でジャーニーのボーカルとして歌うアーネル・ピネダ。フィリピンでの極貧生活の少年時代

ホームレス経験までしながら歌を歌い続けてきたアーネル・ピネダ。

ジャーニーのボーカルとなったのが2007年、なんと40歳の時なのです。1967年生まれというからボクとほぼ同年代なのですね。やっぱり自分を信じ続けることって大切なことですね。Don’t Stop Believin’

関連記事:ジャーニーのボーカル「アーネル・ピネダ」の入国審査でのエピソードがすごい!

コメント

  1. Nesomania より:

    ジャーニーのボーカルオーディションで米国に入国しようとした時に係官がフィリピン人のパスポートであった為に入国目的を問いただした時に「バンドのオーディションだ」と答えたが「そんなのは嘘だ ! 」だと言ったと言う。

    その係官は「まあ試しに唄ってみな〜聞いてやるから」といったら、ピネダがあまりに声質も唄い方もスティーヴ・ペリーにあまりに似ていたので「頑張ってね ! 」と気持ちよく激励したという話もあるそうですよ。

    うまいですよね !

    ブラック・アイド・ピーズのアップル・デ・アップ本名:アラン・ピネダ・リンドー(Allan Pineda Lindo)はフィリピーノ/アフリカン・アメリカンですよね。

    • 前田ムサシ より:

      日本でも話題になること間違いなしですね。入国審査の話、いい話ですね(゚∀゚)