断言!絵をパクるのは良いことです!

ボクはパクるために漫画を買う!

本屋さんに行くとやっぱり漫画のコーナーをのぞきます。いろいろな漫画のカバー絵を眺めるのが楽しいのです。目にとまった漫画があると買ってきます。目的はもちろん絵をパクるためです。

オリジナリティってなに?

漫画を描く時にはよく「オリジナリティが大切」といわれます。

ところがオリジナリティとはなにかと考えるとこれがよくわからない…。とにかく漫画の場合は他の人の絵をパクることがとても大事なのです。

今現在、私たちが読んでいる漫画は主に漫画の神様・手塚治虫の絵を主流としてパクったりパクられたりしながら発展してきたものです。

表情のつけ方、背景の描き方、効果線、トーン処理、擬音、ふきだしの形…作家同士がお互いに真似したりパクったりしながら今も新しい漫画が生まれ続けているのです。

たくさん見てたくさんパクる!

パクるとはいっても特定の作家さんの絵だけをまねていると自分のオリジナリティが消えてしまいます。ですからたくさんの漫画を見てたくさんパクるのです。

そしてたくさん絵を描きます。

不思議なことにたくさん描いていると自分らしい絵というものが紙の上にしだいに表れてくるのです。これが個性…オリジナリティのある絵の誕生の瞬間なのですね。

ちなみにボクが今一番注目しているマンガはアニメも絶好調のワールドトリガーです。。