喬太郎はじけまくる…!第99回ロゼ寄席はチケット完売!

記念すべき第99回ロゼ寄席は喬太郎独演会

もし「落語」というものにステレオタイプ的な固定観念を持っている人が「柳家喬太郎の落語」を聴くと必ずショックを受けると思います。第99回ロゼ寄席は柳家喬太郎独演会。なんとチケットは完売。予想以上にはじけまくった夜でした。

なんと前座で喬太郎師匠登場!

まずは前座でいきなり喬太郎師匠自身が登場!これには驚きましたね。そして次に柳家さん弥が登場。2015年の3月に真打ちになるそうで微妙(!?)な芸風で笑わせてくれました。

そしてまたまた喬太郎師匠登場。演目は「花筏(はないかだ)」。これは提灯職人が大関の代役を頼まれるお話で桂枝雀の得意ネタ。

マクラに相撲の話が入ってきたので「もしかしたら…」と思っていたら始まりましたね。さすが喬太郎といった感じの古典落語で大笑いでした。

喬太郎の世界を生で体験してしまいました…

色紙抽選会と休憩をはさんでまたまた喬太郎師匠登場。今度は創作落語ではじけまくりました…。

これまでCDやYouTubeでしか体験していなかった喬太郎の世界を生で体験してしまいました。これはブログではとうてい伝えることが不可能な世界。ぜひ柳家喬太郎の世界を体験してみてください!

次回ロゼ寄席は第100回記念!

次回のロゼ寄席は100回記念ということで、なんと現落語協会会長の柳亭市馬と超人気落語家の柳家権太楼の豪華二人会。次回もぜひ行くべし!