CLIP STUDIOでペン位置ズレ発生!?液タブCintiq13HDのセッティング時の注意点

 

Cintiq13HDセッティング完了!?

ついにCintiq13HDを導入。液タブの取扱いは初めてなので試行錯誤しながらセッティング。とりあえず漫画作成ソフトのCLIP STUDIO PAINT EX を起動してみました。きれいに映ったのですがセッティングの際にいくつか注意しなければならない点がありました。

①まずワコムのタブレットをはずしておく

ネットで調べたところすでに取り付けてあるタブレットとは干渉してしまうらしい。

10年頑張ったワコムのFAVOくんは引退ですね。

Windows8になってからも無事に動いていたFAVOくん。もちろんとっくに販売終了になっている古いタイプのペンタブ。ドライバはWindows8には対応しておらずたびたび不具合がありました。

でもまだまだ使えますので大事にしまっておきます。

②今まで入っていたワコムのドライバを削除

ネットで調べてみると旧ドライバも干渉してしまうらしい。そこで今まで入っていたワコムタブレットのドライバをアンインストール。

その後Cintiq13HDのドライバを入れたのですがここで問題発生。[ワコムタブレットのプロパティ]が開かない…。再度いろいろと調べたところコントロールパネルからドライバを削除しただけではダメらしい。

Cドライブの[Program Files]から[Wacom*.*]のファイルを検索して探し出しすべて削除。それから再度ドライバを入れなおしたところ通常の動作となりました。

ここのところがよくわからなくて何度かドライバの削除とインストールを繰り返してしまいました。

③ペン位置ズレ修正【CLIP STUDIO設定変更】

ここからはCLIP STUDIOの設定の問題。CLIP STUDIOを立ち上げて試し描きをしようとしたところペンの位置とポインターが大きくズレてしまう問題が発生。

ネットで調べてみても解決方法がわからず自分でいろいろと試してみたところようやく問題解決。

【CLIP STUDIO ペン位置ズレ解決方法】

CLIP STUDIOの[ファイル]→[環境設定]を選択。[タブレット]の[座標検出モード]で、[タブレットドライバの設定でマウスモードを使用する]を選択します。これでペン位置のズレが解消されました。

こういった設定はCLIP STUDIOのバージョンの更新によって変わってくるのかもしれません。とにかくこれで液タブとCLIP STUDIOとの環境で漫画を描くことができそうです。