我が家は今夜もフィリピン料理!? 子供たちも栄養たっぷりのゴーヤを食べれるようになってきました

広告

広告

今夜のフィリピン料理はギニサン・アンパラヤ

先日のイカとナスをココナッツミルクで煮込んだフィリピン料理「ギナタアン・プシット」に引き続き、我が家のおかずはまたまたフィリピン料理。フィリピン版ゴーヤ・チャンプルー「ギニサン・アンパラヤ」です。

ゴーヤ(ニガウリ)は栄養たっぷり!

フィリピンの料理には沖縄料理と似たような料理がいくつもあるんです。使う食材も似ているし、やっぱりアジアの暑い地域の料理はどこかで文化的につながっているんですね。

ゴーヤ(ニガウリ)はとても栄養があるんだそうでで、ビタミンCはトマトの5倍でしかも加熱に強いのだそうです。前までは「苦い…」と言っていた子供たちもゴーヤに慣れてきたようで食べれるようになってきました。

暑い時には暑い国の料理!

梅雨時というのはボクも食欲がなくて、血圧は相変わらず低いみたいだしかなりだるいです。こんな時はやっぱりフィリピン料理がいいですね。うちの子供たちも食は細いのですがフィリピン料理がおかずだとたくさんご飯を食べれるんです。

暑い時には暑い国の料理がおいしいですね。フィリピン料理はニンニクをたっぷり使うので夏バテ防止によさそうです。ギニサン・アンパラヤのレシピはこちらです。→夏バテに効くフィリピン料理!ギニサン・アンパラヤのレシピ

皆さんもぜひフィリピン版ゴーヤチャンプルー試してみてください。