【フィリピンのマニラでいくらあったら暮らせる?】フィリピンママのお兄さんの給料と家賃こっそり教えます

マニラお兄さんの仕事

フィリピンで日本人はいくらあれば暮らせる?

先日このブログで取り上げましたこの話題。→【年金支給開始繰り下げ…】夢の海外年金生活は本当に夢で終わってしまいそうです

フィリピンではいったいいくらあれば暮らしていけるのか?

フィリピンでは収入の格差が大きく、富裕層から一般庶民そして貧困層まで生活の格差がかなりあります。「いくらあれば生活できる」というのはそれぞれの階層によってかなり違ってくるのでなんとも言えません。

フィリピンママのお兄さんの給料と家賃

参考までにマニラで暮らすうちのフィリピンママのお兄さんの給料と家賃をこっそりご紹介します。

お兄さんの現在の仕事はマニラのピザ・チェーン店シェーキーズ(Shakey’s)の社長の専任ドライバー兼お世話係り。昔はトライシクルのドライバーだったんですけど、いつの間にかこんな仕事に就いていました。フィリピン・シェーキーズの会社PR誌に写真が載っています。下の写真の一番左側がお兄さんです。

給料のことはさすがにプライベートなことなのでハッキリ聞いてきたわけじゃないのですが…うちのフィリピンママからの情報です。

マニラお兄さんの仕事2

フィリピン・マニラで働くフィリピン人の月収と家賃

フィリピン・シェーキーズの社長の専任ドライバーであるお兄さんの月収は約20,000ペソ。日本円になおすと現時点のレートで約46,000円。これはフィリピン庶民の感覚だと「おー!いい給料もらってるねえ!」という現地ではかなりの金額です。

そして住んでいるのはマニラ空港近くのアパート。日本の団地のような作りの建物です。家賃は約4,000~5,000ペソ(ママの推定)。日本円になおすと一万円くらいです。

マニラのアパート

フィリピン人の暮らしの感覚は日本人とは全然違う

参考までにマニラで暮らすお兄さんの給料と家賃をご紹介しました。この金額を見てどのように感じるかは人によって違うと思います。じゃあ日本人がマニラへ行ってこの金額で暮らしていけるかというと…なんとも言えません。

とにかくフィリピン人の暮らしの感覚は日本人とは全然違うのです。わかりやすく言うと落語に出てくる江戸時代の長屋の暮らしのような…わかりにくいですね(笑)。