歯医者恐怖症のボクが怖くてなかなか行けない歯医者さんへ行けた2つの方法

広告

IMG_4700

広告

歯医者へ行ってきました。

最近ブログ力アップのため日々の生活を見直す毎日。健全な思考力を身につけるためには、まず健全なカラダから!…ということで歯医者に行ってきました。

実はボクはかなりの歯医者恐怖症。

前回歯医者へ行ったのが確か6年前。その前が10年間空いていて…といった感じ。小さい頃ひどい虫歯で歯医者通いをしました。昔の歯医者は暗くて怖くて…その恐怖感がトラウマになってしまったのです。キィーンというドリルの音を思い出しただけで背筋がゾクゾクします。

年末の十二指腸潰瘍発覚の件もありますし、健康の大事さを再確認している今日この頃。しみる歯も何本もあるし、見た目も悪くなってきたし、そろそろ歯医者へ行かなければと思いながらグズグズしていたのです。

しかし、とうとう歯医者へ行ける方法を発見しました。その方法とは…

①家族や知り合いに評判のいい歯医者さんを教えてもらう。

②今すぐその歯医者さんへ予約の電話をする!

「いつやるの?今でしょ!」なんてもう古さを感じてしまう去年の流行語ですけど、言っていることは本質。

「ちょっと今忙しいから…」なんて言い訳はやめにして、自分のスケジュールの確認などしないで、とにかく今すぐ歯医者さんへ電話してしまうのです!

勇気を出して電話さえしてしまえばあとは流れにまかせるしかありません。「ご予約ですか?」と聞かれれば「ハイ…」と答えるしかないし、「いつごろご希望ですか?」と聞かれれば「一番近い日で…」と答えるしかないのです。

これで歯医者の予約はOK!

ボクは家のすぐ近くの、子供たちとママも治療を受けたことのある歯医者を予約しました。

簡単にお医者さんへ行けるのは日本ならでは!?

phtravel-592

歯医者さんへ行ってみればわかるのですが、最近の歯科医院は雰囲気がとっても明るいのです。治療技術も日々進化しています。特に麻酔技術はとてもよくなっていて、歯を削られても全然痛くありません。

一回目の治療が終わってスッキリです。

歯医者さんに限りませんが、こんなふうに安くて簡単に病院で治療を受けられるのは実は幸せなこと。社会保険や国民健康保険の充実した日本だからできることなのです。

保険制度がなければ治療費を全額実費で支払うしかありませんから、うちのフィリピンママが言うには「フィリピンだったら悪くなるまで我慢して最後は歯医者で抜いちゃうのが普通」とのこと。

歯医者嫌いのみんな!勇気を出して歯医者へ行こう!