ご訪問ありがとうございます。マンガ家・スタンプクリエイターの前田ムサシのブログです。


●前田ムサシのLINEスタンプ販売中→前田ムサシのスタンプ

●「有名スタンプ取り放題」にてスタンプ配信開始!
【docomo】https://bit.ly/2WMUW6l
【au】https://bit.ly/3eSoVQD
【SoftBank】App Passアプリを起動して「有名スタンプ取り放題」で検索

●前田ムサシのコミックエッセイ
爆笑! コミックエッセイ フィリピン妻4コマ日記
フィリピンかあちゃん奮闘記inジャパン (本当にあった笑える話)

台湾で子育てする日本人父親の話(まんが)
2019 Taiwan Fellowship
The educational views of marriage migrants in Taiwan: The life stories of Japanese fathers
(台湾への結婚移民の教育観:日本人父親のライフストーリーから)

●漫画・スタンプ・イラスト制作等のお問い合わせは問い合わせページからお願いします。

【4コマ】フィリピンママが意味なく連発するのがこの言葉

2014年4月19日

10ダイジョーブ

なにがあってもダイジョーブ!?

なにが大丈夫なのかわかりませんが、とにかくフィリピン人のママはなにがあっても「ダイジョーブ!」なのです。しかしフィリピン人が口にする「ダイジョーブ」は日本人が意味する「大丈夫」に比べるとかなりあやふやなもの。大丈夫である根拠なんてなにもないのです。

それでもことあるごとに「ダイジョーブ」を連発されると、なんだか本当に大丈夫のような気もしてきます(笑)。

 

挫折やドロップアウトの経験は誰にでもある

いろいろな人に話を聞いてみると、挫折やドロップアウトの経験というのは誰にでもあるものです。不登校の子供を持つ家庭では心配がつきないと思いますが、人生というのは必ずやり直しがきくもの。

今は先が見えなくても「ああ、そういえばあんな時期もあったね」と振り返れる時がきっとくるのです。

不登校の子供を持っていないのに無責任な発言…と思われるかもしれませんが、ボク自身が妻もいて子供3人いる状態での社会からのドロップアウトを経験してます。

学校に行けなくなった子供に対しては焦って「治す」のではなく、とにかく見守ってあげることが大切なのかなと思います。「生きるエネルギー」というものは少しずつたまっていくものなのです。


ご訪問ありがとうございます。マンガ家・イラストレーターの前田ムサシです。漫画・イラスト制作のお仕事のお問い合わせは問い合わせページからお願いします(^^♪