ご訪問ありがとうございます。マンガ家・スタンプクリエイターの前田ムサシのブログです。


●前田ムサシのLINEスタンプ販売中→前田ムサシのスタンプ

●「有名スタンプ取り放題」にてスタンプ配信開始!
【docomo】https://bit.ly/2WMUW6l
【au】https://bit.ly/3eSoVQD
【SoftBank】App Passアプリを起動して「有名スタンプ取り放題」で検索

●前田ムサシのコミックエッセイ
爆笑! コミックエッセイ フィリピン妻4コマ日記
フィリピンかあちゃん奮闘記inジャパン (本当にあった笑える話)

台湾で子育てする日本人父親の話(まんが)
2019 Taiwan Fellowship
The educational views of marriage migrants in Taiwan: The life stories of Japanese fathers
(台湾への結婚移民の教育観:日本人父親のライフストーリーから)

●漫画・スタンプ・イラスト制作等のお問い合わせは問い合わせページからお願いします。

【4コマ】ボクは子供の頃「世界史の偉人マゼラン」を尊敬していたのにぃ~!

2014年4月19日

08ルソン

ボクは子供の頃マゼランを尊敬していたんですけど…

子供の頃に大航海時代の偉人マゼランのエピソードを初めて知った時には感動したものです。マゼランの名前は「マゼラン雲」という星雲の名前にもなっています。当時は天文学ブームでもあり、ボクが小学生の頃の尊敬する人はマゼランでした。

マゼランが率いる艦隊は世界一周を目指してスペインを出発した。しかし、ある島での原住民との戦いの中でマゼラン本人は志し半ばで戦死する。マゼランの遺志を受け継いだ乗組員たちは残りの航海を成功させ、ついに世界一周を果たす…

…というのが子供の頃に本で読んだ偉人伝だったのだが、実態は違っていたようです。

 

侵略者としてのマゼランの姿

マゼランはいかにも未開の地を開拓していったようなお話になっていましたが、ヨーロッパで大航海時代が始まるずっと前から東南アジアでは活発な海洋交易が行われていたのです。

ルソンはスペイン人がやってくる前から、中国・東南アジア・アラブなどとの中継貿易で栄えた港町だったのです。

しかもマゼラン一行は航海の途中でかなり残虐な行為を働いています。現在の価値観と違うとはいえ、子供の頃に本で読んだ「世界の偉人」としてのマゼランの姿とは違う姿が調べれば調べるほど浮かび上がってきます。


ご訪問ありがとうございます。マンガ家・イラストレーターの前田ムサシです。漫画・イラスト制作のお仕事のお問い合わせは問い合わせページからお願いします(^^♪