「骨付き?」タガログ語の不思議な言葉です

「骨付き?」フィリピン妻4コマ日記
子供たちは『はちみつ梅干し』が大好き(゚∀゚)
甘い梅干しなんて梅干しじゃねえよ!
なんて最初は思ってましたが、あれって美味しいですよね。

フィリピンの言葉・タガログ語では骨も種も『ブト(Buto)』と言うんだそうです
だから妻は骨と種の言葉をよく間違えるんです

ぶどうを食べてる時に
「ホネ、ちゃんと出してよ!」
とか…

鶏肉を食べてる時に
「チキンのタネ、このお皿に出して!」
とか(゚∀゚)

はじめのうちは「なんで骨と種、間違えるの?」って思ってましたが
こういう理由があったんですね

でも日本語の『ホネ』と『タネ』もなんだか似ているので
もしかしたら語源的に共通の意味があるのかもしれません

古い大和言葉について詳しい方がいたら教えてください!

『フィリピン妻4コマ日記』はこんな本です!

  

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


国際恋愛・結婚 ブログランキングへ