【4コマ】ネット時代のシンデレラストーリーと言えばアーネル・ピネダだっ!

広告

07アーネルピネダ02

広告

ネット時代のシンデレラ「アーネル・ピネダ」

YouTube動画をきっかけとして成功をおさめたフィリピンの男性歌手がいる。アメリカのロックバンド「ジャーニー」の現ボーカルであるアーネル・ピネダである。

映画にもなったアーネル・ピネダのサクセスストーリー

アーネルの成功物語は以前にもこのブログで漫画に描いたのですが、これは本当に大好きなエピソードなのでまたまた新しく描き直しました。

フィリピンでもほとんど無名であった歌手のアーネル・ピネダが突如として世界的ロックバンド「ジャーニー」のボーカルとなるのです。そのきっかけがバンドメンバーのニール・ショーンがたまたま見ていたYouTube動画。

ニールはアーネルが歌うジャーニーの曲のカバーを聞いて「バンドの新しいボーカルはこいつしかいない!」とその歌声にほれ込んだのです。

このストーリーはすでに映画にもなっていてもちろんジャーニーのファンにはおなじみのエピソードなのです。日本ではなぜかあまり紹介されていないみたいなのですが、まさにアンビリーバボーな物語なのです!