天才歌手シャリース・ペンペンコが『トンボイ(tomboy)』であることをカミングアウト

広告

シャリース・ペンペンコ

広告

シャリースがカミングアウト!

フィリピン妻4コマ日記 の中でも一コマ描きましたフィリピン人天才歌手のシャリース・ペンペンコ。そのシャリースが、かねてからフィリピンで噂がありました『シャリース=トンボイ(tomboy)』疑惑について自ら「私はトンボイ(tomboy)です」とカミングアウトしました。

フィリピンの言葉でトンボイとは…

トンボイ(tomboy)とはフィリピンでは女性同性愛者のことを意味します。つまりレズビアンシャリースは自分がレズビアンであることをカミングアウトしたのです。

シャリースはフィリピンのテレビ番組のインタビューの中で自分がレズビアンであることをカミングアウト

しかしそれと同時に『ファンの方々にどう思われるか分からないけど、これが本当の私です』『今はとてもすっきりした気持ちです』などと語っています。

天才歌手と騒がれながらも悩みは大きかったようです。人生って分からないですね。

フィリピンはオネエがいっぱい!

ちなみにフィリピンではおかまちゃんがウヨウヨ存在してます。→「バクラ」フィリピンはおかまちゃん天国なんです

ウヨウヨって言い方は失礼かもしれないけど、本当にたくさんいます。今の言葉で言えば「オネエ」ですね。

フィリピンでおかまちゃんは『バクラ』と呼ばれていてカミングアウトする人が多く普通に隣近所にゲイの人が人目を気にすることなく生活しています。

トンボイ(tomboy)と呼ばれるレズビアンの人たちもグループで歩いているのをボクもフィリピンの街で見たことがあります。こういう日本じゃ考えられない光景はあっけらかんとしていておもしろいですね。

心に響くシャリースの歌声

シャリースはここ最近フィリピンのマスコミから「ファッションや髪型が変」などと盛んにバッシングを受けていたようですが、ここにきてまさかのカミングアウト。

しかし、どちらにしてもシャリースの歌声は心に響くことは間違いないのです。さらなる感動を世界中の人々に与えてくれることを期待してます!