ご訪問ありがとうございます。マンガ家・スタンプクリエイターの前田ムサシのブログです。


●前田ムサシのLINEスタンプ販売中→前田ムサシのスタンプ

●「有名スタンプ取り放題」にてスタンプ配信開始!
【docomo】https://bit.ly/2WMUW6l
【au】https://bit.ly/3eSoVQD
【SoftBank】App Passアプリを起動して「有名スタンプ取り放題」で検索

●前田ムサシのコミックエッセイ
爆笑! コミックエッセイ フィリピン妻4コマ日記
フィリピンかあちゃん奮闘記inジャパン (本当にあった笑える話)

台湾で子育てする日本人父親の話(まんが)
2019 Taiwan Fellowship
The educational views of marriage migrants in Taiwan: The life stories of Japanese fathers
(台湾への結婚移民の教育観:日本人父親のライフストーリーから)

●漫画・スタンプ・イラスト制作等のお問い合わせは問い合わせページからお願いします。

コラム

12月25日NHKの番組「追跡!真相ファイル」で、

フィリピンの困窮邦人や年金生活者などを特集するそうです

時間は午後10時55分から

追跡!真相ファイル「海外での老後をなぜ選んだのか」

コラム

→4コマ漫画「ボクが出会ったフィリピンに生きる困窮邦人」

フィリピンに生きる「困窮邦人」をテーマにしたドキュメンタリー番組がテレビ西日本から放送されます

今週土曜日(8月25日)に『土曜NEWSファイル CUB ...

コラム

2012年、今年話題になっている本と言えば

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」

第9回開高健ノンフィクション賞受賞作です

この本の存在を知ったのはちょうどフィリピン妻4コマ

フィリピンママ4コマ日記

その後のBさんがどうなったかはもちろん知らず
もしかしたら「騙されてる」なんてことは思い過ごしで
それなりに幸せに暮らしているのかもしれないですし

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人

フィリピンママ4コマ日記

Bさんはフィリピーナの彼女を追いかけてフィリピンを行き来している
いわゆる追っかけ組(日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」にも困窮邦人が生まれる原因として書かれています)

頻繁にフィリピンの

フィリピンママ4コマ日記

フィリピンでは強盗と言えば銃を持ってるわけですが
実際にホールドアップされた人から話を聞くことになるとは思いませんでした!

ボクがフィリピン妻4コマ日記を描いた理由→『フィリピン妻4コマ日記』はこんな本です。

フィリピンママ4コマ日記

フィリピンというと日本人にとっては
「危険な国」というイメージがありますが
実は日常生活において特別に危険ということはありません

なのになぜフィリピンの「危険な国」というイメージが消えないのかとい

フィリピンママ4コマ日記

アマゾンで見る(内容紹介あり)→【送料無料】フィリピン妻4コマ日記

フィリピンパブで働いているというBさん
フィリピーナの彼女を追いかけてフィリピンと日本を行き来しているとのこと

フィリピーナの彼女や家 ...

フィリピンママ4コマ日記

フィリピンに帰国したフィリピーナを追いかけてマニラ行きの飛行機に乗り
彼女の家で電化製品をねだられたり、お金を貸してくれと言われたり…
こういうお話、知らない人は驚くかもしれませんが
まあ、ご存知の方

フィリピンママ4コマ日記

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」
にも書かれてるマニラに住む困窮邦人が生まれる原因ともなった現象「追っかけ組」
フィリピーナの彼女を追ってフィリピンに向かったある男のお話

それに

フィリピンママ4コマ日記

フィリピン妻4コマ日記にも書いたのですが子供がまだ小さかった頃
一年半ほど妻と二人の子供はフィリピン、ボクは日本で仕事、と
離れて暮らしていた時期がありました

その間も二度か三度、妻と子供たちに会

フィリピンママ4コマ日記

その後その日本人・困窮邦人の坂本さんは一切姿を見せず
近所の人からの噂も全く聞きませんでした

生きているのか死んでいるのか
今もフィリピンのどこかで暮らしているのでしょうか?

二番煎じ

フィリピンママ4コマ日記

フィリピン妻4コマ日記の中には書きませんでしたが実はこんなエピソードがあったわけです
どんな人が来るのかと思っていたら…こんな日本人がやって来たんです!

この日本人50歳位にも見えるし60歳を過ぎているようにも見え ...

フィリピンママ4コマ日記

アマゾンで見る(内容紹介あり)→【送料無料】フィリピン妻4コマ日記

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」という本がある
著者は水谷竹秀さん、第9回開高健ノンフィクション賞を受賞した今話題の本なんです ...