田子の浦ポートフェスタ①富士市田子の浦港で開催された自衛隊のイベントに家族で行ってきました

自衛隊045_R

「田子の浦ポートフェスタ」開催

本日2014年7月20日、静岡県富士市の田子の浦港・富士埠頭5号・6号岸壁で開催された「田子の浦ポートフェスタ」に家族で行ってきました。お目当ては海上自衛隊艦艇の一般公開。そして陸上自衛隊炊事班によるカレーの無料配給があるのです。

自衛隊艦艇&車両の一般公開

今回の「田子の浦ポートフェスタ」で公開された海上自衛隊艦艇と陸上自衛隊車両をご紹介します。

海上自衛隊水中処分母船3号「YDT-03」

田子の浦ポートフェスタの会場で圧倒的な存在感を放っていたのが、海上自衛隊の水中処分母船3号「YDT-03」。水中処分母船とは水中処分隊の支援を行う母船。水中処分隊とは機雷や不発弾などの爆発物処理を潜水作業で行う部隊。

開会式・自衛隊歓迎式典のあと実際に船の中を見学することができました。

自衛隊046_R

陸上自衛隊ミサイルシステム車両「近SAM」と「短SAM」

左が「93式近距離地対空誘導弾」自衛隊内での通称は「近SAM」。右が「81式短距離地対空誘導弾」通称「短SAM」。ミサイルシステムの車両はやはり迫力があります。

この後、車両は場所を移動。ミサイルの模擬弾などを近くで見ることができました。

自衛隊001_R

軽装甲機動車「ライトアーマー」

重量4.5トンの陸上自衛隊の装甲車。車体の上部に見えるのが防楯付き銃架。ここに小銃を据えつけて射撃することができるのです。間近で見るとまさに「ド迫力」の一言です。

自衛隊003_R

自衛隊002_R

壮観!田子の浦港の漁船パレード

開会式・自衛隊歓迎式典の最中にはすでにカレー無料配布の整理券の長蛇の列が…。行列に並ぶのが嫌いなボクですが自衛隊の炊き出しカレーを食べてみたいので並びました。

カレーの列に並んでいたので写真を撮れなかったのですが、式典の最中には田子の浦港の漁船パレードがあり大漁旗をなびかせて連なって海上を走る姿は壮観でした。

自衛隊005_R

自衛隊カレー大人気!

カレー無料配布の整理券は先着200名のところがあまりの大人気のため先着300名に変更。11時から配給の午前中分の整理券は終了してしまいボクがゲットしたのは午後1時からの整理券。泣

このあと自衛隊の艦艇を見学。お昼近くになって暑さも増して来たので整理券は本部にお返ししてカレーはあきらめて帰ることにしました。

自衛隊042_R

長男へのおみやげは海上自衛隊のピンバッジ

兵器が大好きな中学3年の長男。もちろん今回の田子の浦ポートフェスタに一緒に行くと思いきや、なんと友達と図書館で勉強のため参加せず。いよいよ受験ですので、まあ良いことです。笑

自衛隊グッズを売っている出店があったのでおみやげに海上自衛隊のピンバッジを買ってあげました。お値段800円。これがなかなかかっこいい。ボクも欲しくなってしまいました。

実際に自分の目で見ることはすごく大切

国防の問題が盛んに議論されています。様々な意見が交わされていますが、自衛隊の装備を自分の目で見ることはすごく大切だと思い今回の田子の浦ポートフェスタに家族で出かけました。

今の時代はテレビの報道やネットの情報に流されがちです。しかし情報をもとに頭の中で考えるだけでなく、やはり自分の目で見て実際に体験することによって初めて何かを自分の胸で感じることができるのです。

今回の田子の浦ポートフェスタへの参加はとてもいい体験になりました。そして何より常に訓練を怠らず国を代表して任務を遂行し続ける自衛隊隊員の皆様に敬意を表します。