フィリピン妻にはこんな単語が新しい日本語に聞こえたりします

「新しい日本語?」フィリピン妻4コマ日記
日本人は知らず知らずのうちに言葉を「漢字の読み」に置き換えて認知しているようです

「麦芽…ああ麦の芽か。」となるわけですが

漢字がピンとこないフィリピン人の妻は言葉を「音」でとらえるので

「麦芽…ナンテヨム?バクガ…ナニソレ!?アタラシイニホンゴカ?」

となるみたいです。

コマーシャルなどでも聞きなれない日本語がバンバン出てきて…

日本人でもすべての単語を把握することは難しいですよね

それにフィリピンでは「ビールの中に麦芽がどのくらい入っていて…」

なんてことは、これっぱかしも考えたりしません

フィリピンでは、ビールはビール、飲めば酔っ払う!それだけですね

「このビールはキレが…」とか「ビールに負けないコクと旨味が…」とか

日本はなんでも細かいですね(゚∀゚)