2012ロンドンオリンピック男子柔道100kg超級フィリピン代表 保科知彦選手 試合結果

保科知彦選手のロンドンオリンピックが終わりました

結果は残念ながら初戦敗退。8月3日(金)男子100kg超級1回戦第7試合

保科選手の試合の動画をYouTubeで見つけました

感謝胸に きょう夢舞台 樹徳高教員 日比の国籍持つ保科知彦選手(東京新聞)
フィリピン代表で出場したホシナさん=柔道〔五輪・柔道〕(時事ドットコム)

「やっぱり力が強かった。不完全燃焼です」と保科選手のコメント

でも日本に住むフィリピン・ハーフの子供たちに対する保科選手のメッセージは伝わったと思います

フィリピン代表としてのオリンピック出場までの道のりは決して平坦では無かったはず

負けは負け、結果は結果として胸を張って生徒の前に帰ってきてもらいたいです!

保科知彦選手

コメント

  1. 丸本 より:

    こんな負け方でしたか、小さい画像ですがソコソコキレイに決まった払い腰でしたね、結果としては1本負けということしか知らなかったので知らなかったので、、、こういう負け方ならコレは仕方ない、本人もスッキリしたんではないでしょうか中途半端な負け方ではないから。

    • ムサシ より:

      完全に一本なので「相手が強かった」としか言い様がありませんが…
      やっぱり単純に柔道の試合としての悔しさは残るんじゃないですかね。