①に絵コンテ②に棒人間③に室井康雄アニメ私塾

広告

2017-01-22-1  

LINEスタンプのアニメーションスタンプを作り始めてから動く絵の魅力にとりつかれている今日この頃。

「キャラにもっと楽しい動きをつけたい!」ということでボクがアニメ制作のために始めた3つの試行錯誤をご紹介します。

広告

アニメ制作のための3つの試行錯誤

①絵コンテを作る!

まずはアニメ制作のために絵コンテを作ることにしました。

LINEスタンプのような簡単なアニメでも、計画なしに作っていくと最後に行きづまってしまうことも…。

個人作業なので(誰かに指示を出すこともないので…)かなりラフな絵コンテなのですが、この程度の内容でも絵コンテがあるとないとでは大違いです。

アニメの計画書である絵コンテはとても役にたちますね。

絵コンテの用紙はハイトリックスターさんから無料のものをダウンロードさせていただきました。ありがとうございます。

②キャラは棒人間で!

キャラが複雑だと動かすのも大変ですし、最終的な仕上げ段階でかなり時間を食ってしまいます。絵や動きを直すときにも手間がかかりますね。

そこでキャラは動き重視の棒人間でいくことにしました。

棒人間といっても手足が棒というだけで顔はちゃんとありますよ。

LINEスタンプですから逆にこういうシンプルなキャラの方がいいかもしれませんね。

2017-01-22

③YouTube動画でアニメ制作の勉強をする!

アニメーターの室井康雄氏がアニメ私塾というアニメ制作の通信添削講座を開いています。

通信講座は有料制ですが室井氏のYouTubeチャンネル無料のアニメ制作講座を見ることができる。

このYouTubeアニメ講座が非常に勉強になるのです。

本当なら室井氏の有料のアニメ私塾に入塾したいところなのですが、まずは無料動画でできる限りのアニメの勉強をしてみたいと思います。

%e3%81%af%e3%81%97%e3%82%8a%e3%81%86%e3%81%97%e3%82%8d%e3%81%8b%e3%82%89

【まとめ】アニメのために勉強することはたくさんあるぞ!

最初はアニメ制作なんて手間がかかることはボクには無理だなと思って尻込みしていたのですが、作ってみると自分の描いた絵が動くことに感動!

作れば作るほど「ああしたい!こうしたい!」という欲もたくさんでてきました。

と同時に勉強しなきゃいけないこともたくさん出てきてなかなかやりがいのある作業になってきました。

ボクのアニメ修業はまだまだ続きそうです。

運営者:前田ムサシ
ムサシ【運営者:前田ムサシ 静岡県富士市在住。フィリピン人の妻と3人の子供たちとの5人家族。趣味は特にないんですけど…落語研究とか3Dモデリングとかイラストを描くとか。こう見えても漫画家ですよ。→フィリピンかあちゃん奮闘記inジャパン