作り方は簡単!?初めての手描きアニメで作った動くスタンプがこちら

1

これまで3DCGでLINEの動くスタンプ(アニメーションスタンプ)を作ってきたのですが、いよいよ手描きアニメに挑戦することに。

手描きアニメの作り方は意外と簡単…だったかな?

アニメの下絵で~す。

ボクが作った手描きアニメの下絵をご紹介します。最後に完成したアニメもありますよ。

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b31_00002

動きをイメージしながら

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b31_00003

次の絵を描いていきます。アニメ制作でいうところの「原画」ですね。

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b31_00004

大胆な動きを入れてみるのも効果的。

スタンプの場合画像が小さいですし容量の問題もありますから細かな動きはかえって逆効果ですね。

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b31_00005

最後に決めポーズ。スタンプ用にうまくループするように工夫しました。

出来上がった手描きアニメがこちら!

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8

下絵をもとにペン入れをして色を塗れば手描きアニメの出来上がり!

おー!動いてる!動いてる!

アニメって作るのが難しそうに感じるけどようするに子供の頃に教科書のすみに描いたパラパラ漫画なんですよね。

3~4枚の絵をつなげるだけで十分に動きます。

しかも作業はすべてパソコンでできるので思った以上に簡単でした。簡単といってももちろん普通のスタンプよりも作業量は多かったですけどね。

ちなみにボクがアニメ作りに使用したソフトはセルシス CLIP STUDIO PAINT EXです。

それにしてもアニメ作りって楽しいですね。

あなたもぜひ動くスタンプに挑戦してみてくださいね!