初めての『LINEクリエイターズ着せかえ』制作で気づいた3つのこと

着せ替え01

いよいよLINEで『クリエイターズ着せかえ』が始まるということで急いで準備中です。まだ制作途中ですが気づいたことをまとめてみます。

まずは『ピンクのパンダ娘』

ボクが準備したのは『パンダ娘の台湾中国語』で登場させたパンダ娘。色をピンク系に変えて頭身も変更、よりかわいい雰囲気を目指しました。

新作LINEスタンプ『パンダ娘の台湾中国語』の3つの制作ポイント
新作LINEスタンプ『パンダ娘の台湾中国語』が完成しました。「安安」というあいさつは台湾のネットで「こん」とか「よろ」と同じ意味。とてもよく...

着せ替え02

3Dモデルで作ったキャラクターなのでポーズを変えたり視点を変えることで新しいイラストを仕上げることができます。

さてさて、もちろん初めての『クリエイターズ着せかえ』制作となりますので、いろいろと戸惑うこともあります。

まだ制作途中ですが『クリエイターズ着せかえ』制作で気づいたことをまとめてみます。

『クリエイターズ着せかえ』制作で気づいたこと

①作る素材が多い!

『クリエイターズ着せかえ』で使用する画像は最多で48点。これって多くない!?

でも安心してください。これはiOSとAndroidで画像サイズが異なるため。実際に作るイラストは約半分の数なのです。

半分ということは24点…まあやっぱりそこそこ大変ですけどね。

②画像サイズが小さい!

『クリエイターズ着せかえ』でおもに制作するのはメニューボタン画像とパスコード画像。そしてLINEスタンプと比べると画像サイズが小さいです。

小さなサイズでも見ばえがするイラスト作りが大切。

そして先ほど書いたようにiOSとAndroidで画像サイズが異なるため、それぞれのサイズにバランスを合わせた画像を作らなくてはならないですね。

③これってアニメじゃん!

おもに制作するメニューボタン画像とパスコード画像。これは2枚の画像がセットで絵が切り替わるようになるのです。

つまりこれって2コマのアニメなんですね。

画像が切り替わる時の演出を楽しめるように作るとよい素材ができそうです。

【まとめ】とりあえず作っとけ!

新しいものを作る時って慣れなくてなかなか大変ですけど、実際にやってみるといろいろと発見もあって楽しいです。

LINEの『クリエイターズ着せかえ』はもちろんスタンプの時と同じようにスタート時に注目が集まります。

あれこれ考える前に『とりあえず作っとけ!』て感じですね。