【120円→240円】LINEスタンプを価格変更したら売り上げは上がるのか…結果報告!

広告

LINEスタンプ価格変更02

2015年12月からLINEクリエイターズスタンプの価格が変更可能に!値上げしてもスタンプは売れるのか!?さっそく価格を変更して検証してみました。ぜひ参考にしてみてください。

広告

【検証】値上げしてもスタンプはうれるのか!?

クリエイターズスタンプの販売価格で選べるのは、120円・240円・360円・480円・600円の5つの価格。

ボクが販売しているスタンプ(前田ムサシのLINEスタンプ)の中から売れ筋の5つのスタンプについて120円から240円に価格を変更してみました。

従来価格の120円で販売した2015年12月240円に価格変更して販売した2016年1月について売り上げを比較してみました。

果たして値上げしてもスタンプはうれるのか!?

【結果】前月比128%で売り上げアップに成功!

価格変更の結果は以下の表の通り。前月比128%とみごとに売り上げアップに成功しました。

LINEスタンプ価格変更

特にらくらくタガログ語【基本編】については前月比147%というとてもよい成績でした。

反対に価格変更で売り上げを落としたのはらくらくインドネシア語。そしてアオザイ娘のベトナム語&日本語も売り上げはほぼ横ばいという結果。価格見直しが必要ですね。

適正価格をみつけて売り上げアップを目指そう!

スタンプ値上げ成功のポイントはズバリ2点

①スタンプの作りこみ・クオリティ

②販売するターゲットの設定

値上げにより販売数は減るわけですが、この2点をきっちりおさえていれば販売数がある程度減っても値上げによる売り上げアップが可能というわけです。

反対に売り上げが横ばいということは販売数が極端に減ったということ。販売数が減ると次のユーザーさんに拡散していく可能性が下がってしまうので要注意です。

いずれにしても価格変更は何度でも可能です。適正価格を見つけて売り上げアップを目指していきましょう。。