【タガログ語入門】「あとで」は「Mamaya na lang(ママヤナラン)」

広告

sticker_2110698

フィリピンのタガログ語で「あとで」と言いたいときは「Mamaya na lang(ママヤナラン)」と言います。

広告

フィリピンの時間感覚はかなり違う

フィリピンの会話で「Mamaya na lang(ママヤナラン)」はとても良く使います。短く「Mamaya(ママヤ)」だけでもOKです。

ただしフィリピンの「あとで」は日本の「あとで」とはちょっと意味が違うようです。フィリピンと日本では時間感覚が違うのです。

もちろんフィリピンの方がのんびりしていて時間にルーズです。

日本の「あとで」は小一時間といった感じでしょうか?しかしフィリピンの「あとで」はどのくらいあとなのかよくわからないのです。

フィリピンでは細かい時間のずれについてはあまり気にしないのです。