【タガログ語入門】「ごめんね」は「パセンシャカナ(Pasensya ka na)」

広告

sticker_2110697

フィリピンのタガログ語で「ごめんね」は「パセンシャカナ(Pasensya ka na)」です。

広告

軽く謝ってきたら軽く答えよう!

「パセンシャカナ(Pasensya ka na)」と言われたら「オーケーラン(OK lang)」か「ワランプロブレマ(Walang problema)」と軽い感じで答えればOKです。

【タガログ語入門】いつでもどこでも「オーケーラン(OK lang)」
フィリピンのタガログ語で「オーケーラン(OK lang)」は文字通り「OKだよ」という意味です。 いつでもどこでも「オーケーラン(...
【タガログ語入門】「問題ない!」は「ワランプロブレマ(Walang problema)」
フィリピンのタガログ語で「問題ない」は「ワランプロブレマ(Walang problema)」。つまり英語の「ノープロブレム(No p...

フィリピン人は謝らない?

フィリピン人は謝らないとよく言われますが、実は世界では日本のような「謝る文化」の方が珍しいようです。

たとえば遅刻したら「まずは謝る」というのが日本での礼儀ですが、「まずは言い訳」というのが世界の一般的なスタイルらしいのです。

フィリピンももちろん「謝らない文化」の国です。言い訳されてもあまり問い詰めずに「ワランプロブレマ(問題ないよ)」と軽く受け流すのが良いようです。