新しいキャラクターが生まれる不思議な瞬間

広告

02-02

広告

ウサギ君の前髪の巻き毛のモデルは…

現在制作中の新しいタガログ語LINEスタンプ。ウサギ君とヒヨコ君の前髪はクルッと巻いていますが、この巻き毛にはれっきとしたモデルがいるのです。

ウサギ君の前髪はボクの前髪です

このウサギ君の前髪はボクの前髪がモデルとなっているのです。といっても今のボクには髪の毛がありませんが…ちゃんと髪の毛があった若いころはくせ毛で前髪がどうしてもクルッとなっていたのです。

自分の髪の毛がモデルといっても意識して描いたわけではないのですが、気がついたら新しいキャラの頭はこんな髪型になっていました。

32

結局キャラクターは自分自身

漫画を描く時にはどんな主人公を描こうかさんざん考えるわけですが、いくら考えても出てこない時は出てこないし…ぜんぜん考えていないときにふっと生まれるものなのです。

そして結局紙の上に出てくるキャラは描き手本人なのです。どんな顔を描こうとそれは自分自身をアレンジしたキャラクターです。顔だけではなく性格もそう。絵を描く人間は常に自分自身を作品の中に投影していくのでしょう。

だからどんなキャラクターを描こうかさんざん悩んでもムダなのです。とにかく自然と生まれてくるのを待つしかないところがあります。

新しいキャラが天から降りてくるのを待つのは苦しい時間なのですが、実際にキャラが現れた時にはずっと前からそこにいたような雰囲気があります。これは本当に不思議な瞬間ですね。

おそらくこのウサギ君もボクの分身なのでしょう。これから活躍してくれそうなかわいいキャラクターです。