ボクが『売れるLINEスタンプ』を作るために毎日やってる3つのこと

どうせなら「売れるスタンプ」を目指そう!

ボクは売れるLINEスタンプを目指しています。どうせならやっぱり誰だって売れる作品を作りたいですよね。『売れるLINEスタンプ』を作るためにボクが毎日やってる3つのことをご紹介します。

①液晶タブレットで制作用ファイルを開いておく

液晶タブレットがあるととても便利です。ラフを描いてみて気に入ったものがあればそのままペン入れ・色塗りまでができてしまいます。ちょっと(かなり!?)値段が高いのですが本当に便利なツールです。

家にいる時には常に制作用ファイルを開いていつでも手を動かせるようにしてあります。

ちなみにボクの持っている液晶タブレットはワコムのCintiq13HDという機種なのですが、2015年1月にマイナーチェンジがあり新しい型番のものが出て市場の価格が上がっています。

ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD DTK-1300/K1 【新型番】2015年1月モデル

早めに買っといて良かったです。。

②ノートとシャープペンをいつも用意しておく

液晶タブレットは便利なのですが移動できません。そこでノートとシャープペンをいつも手元に用意しています。テレビを見ているときでもなんとなくキャラのアイデアが出てきたらノートに描いてみます。

寝る時には枕元にノートを置いてふとんに入ります。寝る前に少し手を動かしてみます。そして枕元にノートを置いたまま寝ます。

もちろん寝ている間は描けないのですが枕元にノートとシャープペンがあるとなんとなく寝ている間もイメージが持続する感覚があるのです。

③人気のあるLINEスタンプをパラパラ眺める

ボクは暇さえあればスマホで人気のあるLINEスタンプを眺めています。やっぱりランキング上位に入っているスタンプは『売れる秘密』を持ってますからね。

最近買ったLINEスタンプ つくり方&売り方手帖という本もいつも手元においてパラパラと眺めています。とても参考になる本でこれからスタンプづくりを始める方にも、すでにスタンプの販売をされている方にもおすすめの本です。

まとめ『今日の絵が明日の絵につながっていく』

ボクがやってる3つのことはつまりアイデア出しの訓練です。やっぱり売れるスタンプの秘密はアイデアにあるからです。良いアイデアを出すコツは毎日手を動かすこと。

アイデアというものは頭で考えるよりも手を動かした方がよいものが出てくるものなのです。

何も描かなければ停滞ですが少しでも描けばそれは前進です。今日描いたあなたの絵が明日の絵につながっていくのです!

ただし「毎日描かなければ…」という義務感が出てくると絵を描くことが非常に苦しくなります。絵を描く楽しさを忘れずに売れるLINEスタンプを目指していきましょう!