お母さんはフィリピン人!ものまねメイク「ざわちん」のマスクの隠された理由

ものまねメイクのざわちんのマスクの理由とは…

板野友美のものまねメイクでブレークしたざわちん。テレビ番組の『解決!ナイナイアンサー』の中で知ったのですが、ざわちんってフィリピンハーフなんですね。そしてトレードマークになっているマスクにはある理由があるのだそうです。

トレードマークのマスクの理由は…

「ざわちん」こと小澤かおりさんのお母さんはフィリピン人。子供の頃フィリピンで6年間を過ごし日本の小学校に入ったかおりさん。色黒なのを理由に「ヤマンバ」「ガングロ」などと呼ばれイジメにあっていたのだとか。

自分の顔にコンプレックスがあり、トレードマークのマスクはコンプレックスである口元を隠すためだったのだそうです。

コンプレックスをプラスに転じたざわちんはエライ!

コンプレックスを取り払うべく、番組の中でこれまでカメラの前では取ったことのないマスクをはずしたざわちん。日本で暮らすハーフの子はやっぱりそれぞれ悩みを抱えているんだなぁと感じました。

それでもコンプレックスをプラスに転じて芸能界で活躍しているざわちんはエライ!あれだけのレベルのものまねメイクなんて誰にでもできることじゃないし、オリジナルのフィールドを作り上げられるっていうのはものすごい才能です。

ざわちんさん、これからも頑張ってね!