妖怪ウォッチ・ロボニャンのプラモデル作りの楽しさにウキウキワクワク感動!

広告

広告

ジバニャンの未来の姿はなぜかロボニャン!

ロボニャンは未来の世界からやってきたロボット妖怪。ターミネーターのパロディになっていてなかなかシュールなネタで笑わせてくれるキャラです。今日は小学2年の娘と一緒にロボニャンのプラモデル作りをしました。

プラモの世界でも妖怪ウォッチは大人気!

妖怪ウォッチにハマっている小学2年の娘が「妖怪ウォッチのプラモデルが欲しい!」と言い出したので近くのエディオンのプラモコーナーへ子供と一緒に一緒に買いに行きました。ジバニャンかロボニャンが欲しいと言っていたのですがジバニャンは売り切れ。

キュウビやコマさんなどいろいろあるキャラの中から迷ったあげくにロボニャンのプラモを選びました。ロボニャンももちろん娘のお気に入りのキャラですので大喜びです。

娘の初めてのプラモ作り開始!

プラモデルを作るのは初めての娘。家に帰ってからさっそく張り切って作り始めた娘だったのですが…

「やっぱり難しいなぁ…パパ作って!」ということで、予想通りボクの出番です。よーし!プラモ作りならまかせとけ!ボクが子供の頃はスーパーカーが流行ったりガンダムが流行ったり…とにかくプラモデルたくさん作りましたからね。

と言ってる間にロボニャンの頭部が完成。造型がすごくよくできていて、まさにゲームの中のロボニャンにそっくりです。

こういう子供用のプラモはパーツを切り離すのにニッパーが必要ないのですね。ストレスなくパキパキはずせて、これは楽ちん。

各パーツに貼り付けるシールがついているので塗装の必要もありません。ベースのカラーも渋めでかなり良い色が出ています。最近のプラモは本当によくできてますね!日本のおもちゃはすごい!

接着剤も使わなくていいのでかなり簡単。胴体部分もパチパチと完成。それにしてもホントによくできてるなぁ。

ハイ、というわけであっという間にできちゃいました。ロボニャン完成です。作るのは簡単だったけど、最近ボクも老眼がかなり進んできたので細かい作業で目が疲れました。ショボショボ。

説明書通りにシールを貼って完成させましたが、フォルムが良いのでこれはちゃんと色を塗ったらかなりいい仕上がりになりますね。

プラモづくりはやっぱり楽しい!

久々にプラモデル作りをしたのですが、やっぱり手を動かして物を作るというのはすごく楽しい作業ですね。

ボクはアニメや漫画やゲームが大好きなので、子供がゲームの世界に入り込んでいくのを見るのは実は嬉しいのです。こんな風に子供と一緒にプラモ作りができるのもゲームのおかげ。

ゲーム、アニメ、漫画、おもちゃ、そしてプラモデルと様々なメディアに派生しておもしろさを広げていく妖怪ウォッチ。すごく楽しい作品だなと感動します!