漫画大好きなボクが単行本を1巻目しか買わない理由

久しぶりに本屋さんで漫画を買いました!

最近は本を買うのもネット通販ばかりで本屋に行く機会がガクッと減っていたのですが、今日はちょっと空いた時間があり久々に本屋さんに寄りました。いろいろな本の表紙が見られてやっぱり本屋さんって楽しいですね。思わず平積みになってる漫画を2冊買ってしまいました。

まずは「妖怪ウォッチ」第1巻

今年はアナ雪の年だなぁ…なんて思っていたら小学生の間で妖怪ウォッチが爆発的なブーム!小学2年の娘がいる我が家も妖怪ウォッチの流れに巻き込まれています。

そこで妖怪ウォッチの漫画を買ってみました。ハッキリ言っておもしろいです。ゲームで流行っているからというよりもギャグ漫画として楽しくておもしろいのです。

ゲームと連動ですけど小学生がハマるような漫画が出てきたっていうのはうれしいですね。

そして「カゲロウデイズ」第1巻

うちの子供たちがYouTubeでカゲロウデイズを夢中になって聞いていた時期があったので漫画を買ってみました。最初の方をチラッと読み始めたところですけど、おもしろいです!

パソコン中毒の引きこもりっていう主人公の設定が「今」って感じです。

やっぱり漫画って何でもありって感じでいいですねぇ。

ボクが単行本を1巻目しか買わないわけ

ボクは好きな漫画を買うというよりは「今売れてる漫画」を買うようにしています。

そしてボクは漫画の単行本を1巻目しか買いません。どんなにおもしろくて続きが読みたくても2巻目以降は買いません。

理由その①漫画のおもしろさは導入部分に集約されているから。

理由その②ハマるのが怖いから。汗

どちらかというと圧倒的に「理由その②ハマるのが怖いから」の方が強いですね。自分で漫画を描いていると自分の絵や設定にコンプレックスがあります。

するとどうしてもおもしろい漫画に出会うと影響を受け過ぎてしまうのです。

他の漫画から影響を受け過ぎてしまうと知らないうちに自分の個性が消えてしまうことがあるのです。何が自分の個性なのか自分ではわからないもの。それが薄れてしまうのが描き手としては一番怖いです。

出来ることなら世の中に出ているマンガはすべて目を通してみたい…でも漫画ファンから描き手に回った瞬間から純粋には漫画を楽しめなくなってしまったのですね。泣