【4コマ】あまりにも基本的な「フィリピンのカラオケ」の3つのルール

広告

04カラオケ

広告

フィリピンでも「KARAOKE」は大人気!

日本から生まれた世界的なカルチャー「KARAOKE」はもちろんフィリピンでも大人気です。それどころかフィリピンのパーティーではカラオケマシンは欠かせません。

「フィリピンのカラオケ」の基本的な3つのルール

①ボリュームは目いっぱいまで上げてガンガン大音量で歌う!

日本の家で大音量でカラオケを歌ったら近所迷惑でトラブルになってしまうところですが、フィリピンではそんな細かいことは気にしません。

あんまりうるさくしてるとご近所から苦情がくることもありますが、やっぱり全然気にしません。笑

②子供も大人もお年寄りもみんな一緒に楽しく歌う!

フィリピンのパーティーでは年齢は関係ありません。ですからカラオケも子供からお年寄りまでみんな一緒になって参加します。

おじいちゃんやおばあちゃんも自分の得意な歌を持っていたりするのですごく盛り上がります。歌が下手でも音がはずれてもみんな全然気にしません。笑

③夜になっても気にしない!ひたすらガンガン歌い続ける!

フィリピンのパーティーはエンドレス。だからカラオケもエンドレス。夜がふけてもガンガン大音量で歌い続けます。夜中ともなるとさすがにご近所の人から怒鳴られますが…やっぱり全然気にしません。汗