フィリピンのしょっぱいゆで卵「イトログ・ナ・マアラット」の本当の食べ方とは?

フィリピンのしょっぱいゆでタマゴ

タガログ語でイトログ(Itlog)は卵、マアラット(Maalat)は塩辛いという意味。イトログ・ナ・マアラットはその名の通りフィリピンの塩辛いゆで卵です。上の写真はこのしょっぱい卵をトマトと細かく刻んた玉ねぎと一緒に盛り付けてオリーブオイルとコショウをかけてあります。

イトログ・ナ・マアラット本当の食べ方は…

お皿の上にきれいに並べて盛り付けてありますが、実はフィリピンのしょっぱい卵は庶民のご飯のおかずなのです。イトログ・ナ・マアラットの本当の食べ方はこんなおしゃれな感じではないのです。この卵の本当の食べ方とは…

ぐちゃぐちゃにしてご飯の上に!

こんな風にトマトをつぶして卵と一緒に全部ぐちゃぐちゃにかき混ぜてご飯の上のかけて食べるのがイトログ・ナ・マアラットの本当の食べ方。タマゴのしょっぱさとトマトの酸味が程よく合わさってご飯と一緒にたべると確かにおいしいです。

やっぱりフィリピン料理は暑い夏によく合いますね。