【フィリピン・ハートのお相撲さん】舛ノ山関がフィリピンのテレビ取材を受けました!

広告

masunoyama008_R

広告

フィリピン人の心を持ったお相撲さん「舛ノ山」

豪快な突き押し相撲とかわいい笑顔で大人気のお相撲さん舛ノ山関がフィリピンのテレビ局の取材を受けました。レポートするのはフィリピンのベテラン人気アナウンサーのコリーナ・サンチェス(Korina Sanchez)。番組の動画(タガログ語)が見られるサイトはこちら→TV PATROL25「フィリピン人の心を持ったお相撲さん」

番組は舛ノ山関のお母さんへのインタビューを中心に構成されています。

masunoyama009_R

母に捧げた運命の土俵

なぜ舛ノ山関がフィリピンのテレビ局の取材を受けたのかといいますと、舛ノ山関のお母さんはフィリピン人。舛ノ山関自身もお母さんと弟と一緒にフィリピンで生活したことがあるのです。

大相撲の世界で活躍する舛ノ山ですが、ここまで来るのには数々のストーリーが…。まだ中学生の頃に家庭の事情でフィリピンに渡ることとなり一時は相撲から離れていた時期があったのです。そして自分の家族の運命をかけて日本へ戻り相撲の世界へ入ったのです。

私、前田ムサシもこの舛ノ山関の本を読んだのですが、フィリピンでの不安と苦労の生活から相撲界へ挑戦した舛ノ山の姿に感動しました。

masunoyama004_R

字幕部分に出ているタガログ語は「フィリピン・ハーフのお相撲さんのお母さんが日本での生活について話してくれました(Nanay ng japinoy na sumo wrestler, ikinwento ang kanilang buhay sa japan.)」。フィリピン人と日本人のハーフは「ジャピノイ(JAPINOY)」と呼ばれているんですね。

masunoyama005_R

舛ノ山関の弟も兄をサポートするために相撲界へ。千賀ノ浦部屋で床山「床千」として兄のまげを結っています。

masunoyama001_R

 舛ノ山の相撲の才能と意気込みを見込んで全面的にサポートしてくれた千賀ノ浦親方はすごい!

masunoyama006_R

舛ノ山関のお母さんが作る、春巻きの皮でバナナを包んで油で揚げた「トロン」というフィリピンのお菓子。おいしそうですね!

masunoyama007_R

フィリピンで生活したことのある舛ノ山関。フィリピンの言葉タガログ語でレポーターとやり取りするシーンもあります。

masunoyama003_R

お母さんを抱き上げる舛ノ山関。こんな親孝行ストーリーはなかなかないですね。

masunoyama010_R

最後はインタビューを受けるお母さんに部屋のお相撲さんみんなでサプライズ!

masunoyama011_R

応援せずにはいられない!舛ノ山関がんばれ!

舛ノ山関の人生を知ればしるほど応援せずにはいられません。我が家もフィリピンと日本にルーツを持つ舛ノ山関が活躍してくれるのはとても嬉しいです。舛ノ山関これからもがんばれ!

追記:この番組の収録はNHKの協力で行われたということです。→ 突撃 アッとホーム「力士がダンス!?相撲サプライズSP」2014年5月31日(土) 20時00分~20時45分