【発見!】キリスト教を知らなくても聖書の言葉を理解できる方法

フィリピン旅行写真229_R

海外では信仰はとっても大事

ボクはクリスチャンではない。だからといって得に何の宗教を信仰しているということはない。無宗教といってもいいのかもしれない。

ところが海外では「信仰」というのはとても大事。

ボクの漫画「フィリピン妻4コマ日記」の中でも描いたんだけど、フィリピンで結婚手続きをするときに「信仰はなにか?」ときかれた。「信仰?特にないですけど」と答えたら「ふざけるな!」って手続きをしてくれた人に怒られたことがありました。


聖書ってなんだか難しい?

クリスチャンではないけれども聖書には昔から興味がある。なんといっても世界で一番発行されている本だ。これまで何度か聖書を読むことに挑戦してきた。しかしいまいち意味がよくわからない。聖書には旧約聖書と新約聖書があるのだが、なんだか全然別の話だし…。

聖書は耳で聞くと理解できる!

最近、俳優の滝田栄さんの聖書朗読を収録した「新約聖書物語 ベスト」をiPhoneで聞いている。これが実に素晴らしい!あんなに難しくわかりにくく感じた聖書の言葉が、耳で聞くとすんなりと心に入ってくる。聖書とは読むものではなく耳で聞くものだったのだ!

落語を聞くようになってから耳で聞くことの楽しさ、「語り」の大切さを実感している。

現代社会では本を読んだりネットを見たり何か情報を得たい時には文字を追うことが中心になっています。でもやっぱり人の言葉を耳で聞いた方が内容や情景がより豊かに頭の中に入ってくるのですね。