【4コマ】フィリピンママが意味なく連発するのがこの言葉

広告

10ダイジョーブ

広告

なにがあってもダイジョーブ!?

なにが大丈夫なのかわかりませんが、とにかくフィリピン人のママはなにがあっても「ダイジョーブ!」なのです。しかしフィリピン人が口にする「ダイジョーブ」は日本人が意味する「大丈夫」に比べるとかなりあやふやなもの。大丈夫である根拠なんてなにもないのです。

それでもことあるごとに「ダイジョーブ」を連発されると、なんだか本当に大丈夫のような気もしてきます(笑)。

挫折やドロップアウトの経験は誰にでもある

いろいろな人に話を聞いてみると、挫折やドロップアウトの経験というのは誰にでもあるものです。不登校の子供を持つ家庭では心配がつきないと思いますが、人生というのは必ずやり直しがきくもの。

今は先が見えなくても「ああ、そういえばあんな時期もあったね」と振り返れる時がきっとくるのです。

不登校の子供を持っていないのに無責任な発言…と思われるかもしれませんが、ボク自身が妻もいて子供3人いる状態での社会からのドロップアウトを経験してます。

学校に行けなくなった子供に対しては焦って「治す」のではなく、とにかく見守ってあげることが大切なのかなと思います。「生きるエネルギー」というものは少しずつたまっていくものなのです。