ママが節約メニューや節約レシピが大嫌いな理由

広告

06ママは違う

広告

家計の節約ポイントといえばやっぱり食費!でもフィリピンママは…

節約メニューとか節約レシピなんて言葉が流行ってますね。食費の節約というのは家庭の主婦の課題。家計で節約するポイントっていうのはだいたい決まってきますからね。

ところがママは食費の節約が大嫌い。特に晩ごはんのメニューでは家計ピンチの時でも食べたいものを絶対に我慢をしません。「じゃあどこで節約するんだよ…」なんて昔は思ってましたけど、今はママの「食べたいもの我慢しない!」という考え方に賛成です。

メシは高いものを食え!

すでに亡くなられた方なのですが、元警察官で作家の飯田裕久さんという方がいます。飯田裕久さんの著書の中に自分を鍛える働き方「刑事五十訓」に学ぶという本があります。昔から刑事の世界では先輩から後輩へ伝えられる刑事の心得というものがあるそうです。その刑事五十訓のひとつに「メシは高いものを食え!」というものがあります。

高いものを食えといっても何も高級でぜいたくな物を食べろという意味ではありません。命をかけて仕事をしている毎日の中で、たとえば「給料日前だから食べたいものは我慢して…」なんていう自分が食べるものに対してせこい妥協をするなという意味なのです。

食事というのは生活の中で一番大事なこと。三度の食事は自分の命をつなぐもの、自分の体と心を作っていくものなのです。やはり食べることに対して変に妥協してはいけないのです。

節約メニューを工夫する楽しさも確かにありますけど、あまり節約のことばかり毎日考えていると悲しくなってくるときありますから…ね。