富士宮の講演会のおみやげはママの手作り

ビコ

今日は富士宮市国際交流協会主催の講演会の日です。

『漫画家パパとフィリピンママ 国際結婚よもやま話』と題してボクと妻とで

フィリピンのことやら漫画の仕事のことやらについてお話する…という予定です。

台本は決めてないので始まってみないとどういう内容になるかはわかりません。。

当初、フィリピンのお菓子などを出して食べながらという予定をしていたそうなのですが

会場が飲食一切禁止ということがわかり、さてどうしましょうかとなったところで

結局、妻がフィリピンのお菓子「ビコ」をおみやげとして作ると言い出しました。

ビコはもち米をココナツミルクで煮込んで作るフィリピンの甘いお菓子です。

昨日は地元商店街の広見祭りに子供たちを連れて行ったりとなかなか忙しかったのですが

なんとか出来上がりました。よかった、よかった。

講演会の主催の担当の方のお話によると、東京や名古屋からの申し込みもあったようで…!

えー!? そんな遠くからわざわざ来てくれる方もいるなんて思わなかったので

適当に話すればいいのかなと思ってたんですけど…これはちゃんと喋らなきゃダメかな?