フィリピンの塩辛いゆで卵と妻の貧乏物語 イトログ・ナ・マアラットItlog na maalat

この前妻が買ってきたフィリピンの塩辛いゆで卵

イトログ・ナ・マアラット(Itlog na maalat)

フィリピンの塩辛いゆで卵

イトログ・ナマアラット itlog namaalat

こんな風にサラダっぽく盛り付けて

ビールのおつまみとして出してくれるんですけど…

フィリピン妻の貧乏物語

タガログ語でイトログ(Itlog)は卵、マアラット(Maalat)は塩辛いっていう意味

「塩辛いゆで卵」の名前のとおりこの卵、かなり塩辛い

と、ここで

「このゆで卵一個あれば家族みんなのご飯のオカズになるんだよ!」

と、いつものフィリピン貧乏物語が始まったんです(;゚Д゚)!

ボクも戦中生まれの両親から子供の頃の貧乏話を聞かされてきたが

フィリピンの貧乏話は、やっぱりスケールがひとけた違うんですよね

育ち盛りの頃、食べたいものが食べられなかったという話は

ボクの世代は体験したことがないので聞いていてかなり悲しい…

確かに日本は贅沢ですけど…

やたらとおかずたくさん作るのあなたですから(;゚Д゚)!

ブログランキング応援クリックよろしくお願いします!
  

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

国際恋愛・結婚 ブログランキングへ
いつも応援クリックありがとうございます(゚∀゚)

『フィリピン妻4コマ日記』はこんな本です!