ラブリが紹介★フィリピン料理シシグが「世界番付」世界B級料理第1位!

8月24日放送の『なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付

世界のB級料理ランキングで

大人気のフィリピンハーフ、ラブリが紹介する

「フィリピン料理シシグ」 

見事、第1位に輝きました!

パチパチパチパチ!

これが噂のフィリピン料理シシグ」です(゚∀゚)

フィリピン料理シシグ

え、テレビで見たのと違うって?

これ、シシグの缶詰なんです。

シシグは豚の耳や豚の顔の皮などを煮込んだピリっと辛いフィリピン料理

ビールのおつまみにもご飯のおかずにもピッタリの

とっても美味しい庶民のフィリピン料理です!

実は日本でもネット通販でシシグの缶詰が手に入るんですよ。



自家製シシグと比べればやや風味は落ちるけど

レンジでチンしたりフライパンで炒め直せば

手軽にフィリピンB級グルメのシシグが楽しめますよ!

シシグ缶詰

豚の耳と豚の顔の皮なんて日本人にはどうかな?って思ってたんですけど

これがフィリピン通の日本人に大人気なんですね!

ビールのつまみはもちろんご飯にのせて食べれば最高に美味しいです!

ちょっと辛いですけど旨いので子供たちもパクパク食べてました(゚∀゚)

同じような料理で豚の内蔵を使ったボピスという料理もあります

先日、妻が作ったんですけどボピスも旨いです!

コメント

  1. jun より:

    見ましたよ〜! 私が家内に ホラホラテレビ見てよ!!って言ったら
    lannga(ランガ ミンダナオの方言でhoney)何 エキサイトしてる?
    やりたいか? だって・・・・・無口になったのは言うまでも有りません。
    危なかった〜(爆)

    • ムサシ より:

      う~ん、PHP出版の本には描けないフィリピン妻日記ですね(;゚Д゚)!

      • 横浜のBob より:

        そうゆう本も、ぜひ読みたいです。
        裏Blogでも、いいですよ〜!

        • ムサシ より:

          フィリピン人は下ネタ平気ですからねえ(゚∀゚)
          国を問わず国際結婚では驚きの連続でしょうから
          「外国人妻鬼嫁日記」なんてオムニバス形式のセミドキュメンタリーもおもしろいと思いますよ。

          • 横浜のBob より:

            え〜!そんな企画を思いつくなんて、さすがムサシさん。
            期待してますよ〜!

  2. ケンケン(ふらふらと海外旅行) より:

    おはようございます。 
    シシグと言う缶詰、安ぅぅぅい。
    見ただけでも、ピリカラで酒のおつまみにはもってこいの様で食べてみたいなぁぁ。

    さてと、朝からタイのビアシンビールでも飲んできます(笑)

  3. マブハイジョニー より:

    sakuyawa lovely ganbatte mashita ne.

    kyouwa gakkiy ga ganbarimasu.

    nihon no idol ga philippine no sulm de report
    suru a–a mataka te kanji gominokuni no image ga
    nukekirenai ne.

    • ムサシ より:

      新垣結衣のフィリピンリポートですね。
      こういうドキュメンタリーって目立つからフィリピン人ってみんなゴミの中で生活してると思ってる日本人もいますからね。
      まあ女優さんに罪は無いので(゚∀゚) いかにも24時間テレビって感じの企画!

  4. 匿名 より:

    こんばんは。ブログを拝見しました。フィリピンにもKーPOPのようなグループが存在するのですね。K-POP自体の良し悪しは別として韓国の言動と言うのは看過出来ないものがあります。私はフィリピンの事は何も知りません。調べていけばきっと沢山問題は出てくると思うのですが、フィリピンの人、特に女性は明るくて良いですね。フィリピンへ仕事で行った人が「フィリピンはまるで昔の日本のようだ」と言っていたのが印象的でした。

    • ムサシ より:

      実はP-POPなんて言葉はもともと無いんです(゚∀゚) ハッピーナのプロモーションでJ-POP、K-POPになぞらえて作られた単語みたいですよ。
      ハッピーナは日本で企画した半分「シャレ」のグループですけど、フィリピンの本格的な歌手は多分「世界一」っていうくらいの歌唱力があるんですよ。