いつの間にやらボクもニノン Facebookで世界とつながる!

広告

うちのフィリピン妻はフェイスブックに夢中です

以前はフェイスブックとかやってる人なんてバカにしてたくせに!

今では暇さえあればパソコン開いてFacebookです

「facebook」フィリピン妻4コマ日記

フィリピン人は世界中に出稼ぎに出ているので

お互い連絡を取り合うのにフェイスブックがとっても役立つんです

連絡を取り合うと言っても他愛のないチャットをするだけなんですが

フィリピンの人は家族や親戚のつながりが強いのでこういうの大事なんですね。

ところで、昨日いつものように妻がフェイスブックを開きながら

「この人マカオで働いてるんだよ。この人のニノンとニナンだからね」

「ニノン?ニナン?誰が?」

いつの間にかボクも彼のニノンになってました(゚∀゚)

ニノン(男性)・ニナン(女性)とは何かというと

結婚の時の後見人のこと(日本でいう仲人みたいな)

日本の仲人と違うのはひと組だけでなく何組もつくこと

だからニノン・ニナンは最低でも4人、多ければ8人とかになることもある

(もっと多いこともあるのかな?)

子供の洗礼式の時にもニノン・ニナンがつきます

ニノン・ニナンは家族・親戚と同じ

フィリピンではこうして人同士がつながってくんですね

ブログランキング応援クリックよろしくお願いします!
  

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

国際恋愛・結婚 ブログランキングへ
いつも応援クリックありがとうございます(゚∀゚)

『フィリピン妻4コマ日記』はこんな本です!

コメント

  1. Hamrey より:

    私も知らないうちにニノンにされていました! 
    その事はつい先日教えられました! 20数年ぶりの真実!!!
        アイナコ!

    ニノンなら未だ良いですが、子供の父親ってされているのでは・・・!?
        大丈夫でしょうか?

    ムサシさんは、如何ですか!?
        アイナコ!!!!!!!

    • ムサシ より:

      例えば洗礼式の時のニノン・ニナンになれば「親になったも同然!」みたいですからね
      結婚の時にもなんか軽い感じでいつの間にかニノンになってるわりには、その人とはかなり深い関係になってるんですよね。
      ニノンになるとその人から名前を呼ばれる時も「ニノン・マエダ」みたいになりますしね。

  2. maching より:

    二ノン、二ナンか、やれ誕生日だクリスマスだってプレゼントの要請は来ますよね、、、、さらにクンパレ(kung pare)、クンマレ(kung mare)がいて、覚えるまでが大変ですよね。FBなんかで相手が名前じゃなく 『パレ コ』とかで呼ばれると一層親しみを感じてしまいます。

    • ムサシ より:

      フィリピンにいるとパレもいつの間にか増えてたりしますね。